MTGマガジン

マジック:ザ・ギャザリングをもっと楽しく

今週のWeekly Winners(MTG Stocksさまから抜粋)

6月に入りましたね。
ダブルマスターズやらバルダーズゲートやらでお財布とにらめっこしています。
エインシャント・カッパー・ドラゴン買っちゃおうかな・・・
ライターのどわです。

 

今日はMTG StocksさまよりWeekly Winners(今週の勝者たち)の紹介です。

今週のWinners

MTG Stocksさまでは毎週金曜日に、その週に注目され値上がりしたカードを3枚ピックアップして紹介しています。

今日はその記事から抜粋してお届けします。原文をご覧になりたい方はMTG Stocksさまをご覧ください(こちら)。

 

1. 無謀な怒り

 {赤}4点インスタント除去。ただし2点のバックファイアあり。
 イオニアボロスイゼットカラーで使用されています。2点のバックファイアを恩寵の重装歩兵僧院の速槍などに飛ばすことでパワーが強化され、アグロプランにマッチします。

2ダメージでパワー強化

統率者戦では「贖いしもの、フェザー」や「ファイヤー・ジャイアントの公爵、ザルトー」で使用されています。

 

2. 引き裂く榴弾

 {赤}4点インスタント除去。ただし青・白クリーチャーのみが対象。

 イオニアリーグのサイドボードで最もよく使われているカードの一つです。タルキール龍紀伝で販売されて以来、再録されていないことも値上がりの要因の一つと思われます。帳簿裂きの台頭とともに、必要性が上がりました。プレインズウォーカーにはさわれませんが「丸焼き」より1マナ少ない点が評価されているようです。

申し訳ありませんが、夕食は少々……焼き過ぎてしまいました。

3. 罪 // 罰

 罪・罰のいずれをとなえてもよいため柔軟性があります。現在のモダン環境サイドカードとして有効なため、サイドボード3枚程度使用されています。罰はウルザの物語を活用したデッキに対してとくに有効で、ウルザの物語から生み出されるトークン、アーティファクト、ウルザの物語自身をすべて破壊することができます。

 モダンでは、とくにヨーグモス計算された爆発デッキで採用が多いようです。

 

やっぱりプロツアー再開のためか、イオニアは人気がありますね。
それでは、楽しいマジックライフを!

(文責:どわ)